• フリーランスのあり方

    現代は働き方が多様化しているので、会社員でもフリーランスでも大差ないです。

    大差ないというのはやり方次第なのですが、自分の意志で動いていれば同じということです。

    会社の場合はやらなければならない状態にはなるのですが、自分でスキルアップを考えて行動しているということであれば、仮に突然会社がなくなっても問題ないはずなので、フリーランスと同じことです。フリーランスの場合は作業自体を自分で決めるという点で会社員と異なるだけで、それ以外は同じです。


    会社の場合は作業が勝手に決まるのですが、そこに対して何も考えていないと、後々困る可能性があります。

    会社での作業の中でも当然市場に需要が多くて個人化しやすいものと、そうでないものがあります。


    なので、その判別というのは自分でつけておいた方が良いのです。



    そして会社での作業があまり市場の需要に合っていない場合には、自分で学習していくなどの方法が取れます。結局のところ選定して学習すれば良いということなので、非常に単純です。



    難しいのは、その発想を持つということと、継続するということでしょう。せっかくスキルアップの機会を見つけたとしても、それを継続して集中できなければ無意味ということになります。基本的にやる気さえあればフリーランスの方が自由が効くので得です。


    せっかく努力するのであれば、なるべく汎用性や需要の大きいものの方が良いでしょう。



    フリーランスでやる気があればそれが可能です。