• フリーランスの今後とは

    働き方が多様化している現代ではフリーランスという形態は今後増えていくことが予想されています。

    会社員というのは安定していると思われますが、今後もそのままという保証はないので、会社員であっても市場全体を見ていくということが重要でしょう。会社員かフリーランスかというのはどっちでも良くて、市場全体を見るということと、個々のスキルアップをしていくということが重要になります。



    会社員の場合は市場は会社が見ている場合が多いので、個々の作業をやっているだけでは全体がわからなくなったり、また社内向けの作業になる場合もあります。

    それ自体は問題ではないのですが、上述の通り市場を見て、たとえばこの会社ではなく他の会社で働く場合なら何をするか、個人で働くなら何をするかということを考えるのが良いです。



    そういったことを繰り返せば市場を見るということができてきて、さらに自分が何のスキルを身に付けるのがお得かということが見えてきます。

    会社側が求めるスキルというのは必ずしも自分にとって有効なものとは限らないでしょう。

    たとえばプログラミングなどでも大規模システムの一部の工程を繰り返すよりは、小さくても良いので自分で受託して完結させる方が良いです。
    フリーランスはこのようにスキル選定してスキルアップできるということが最大の魅力でしょう。



    会社で下積みということが昔は言われていましたが、現代社会では多様化しているので会社での作業が下積みになるかはわかりません。