• フリーランスは少しは過剰労働も耐えましょう

    • フリーランスは、時には過重労働もやる覚悟は必用になります。新聞に連載していたり、テレビに出て、情報番組でコメンテーターでもしていれば、自分のペースで仕事が出来るのでしょうが、フリーで仕事している大半の人は、もらえる仕事を断ることはないはずです。


      そうなると、請けた仕事の納品期限が重なった場合は大変です。
      納期を延ばすお願いも出来ますが、フリーランスの立場で納期の延期は、ほぼ無理です。

      そうなると、納期が重なったところで、請けた仕事はすべて納期通りに仕上げて納品するのが、生き延びるためには必須条件になります。


      時には、急な仕事が入ってくることもあります。仕事を依頼する側からすると、急な仕事も、少々難題と思われる仕事も、引き受けてくれるのがフリーランスを使うメリットです。


      請ける側は、立場的に弱い立場なるがゆえ、少々無理な要望でも聞き入れて、依頼元の担当者に貸しを作るのが、フリーランスとして生き延びる方便になることは間違いありません。



      納期厳守のために、どうしても、睡眠も惜しんで依頼された仕事を仕上げなければなりません。

      つまり、一時的とはいえ、過重労働をしなければならなくなります。



      それでも、そこで得られた信用は、その後の仕事にはプラスに働きます。


      使えるフリーランスとして記憶されて、依頼元に登録されます。



      安定的に仕事をもらえるようになることもあります。

      依頼元が困ったときには、真っ先に仕事が回ってきます。

  • いまどきの仕事

    • フリーランスのあり方

      現代は働き方が多様化しているので、会社員でもフリーランスでも大差ないです。大差ないというのはやり方次第なのですが、自分の意志で動いていれば同じということです。...

  • 大人の常識

    • フリーランスの今後とは

      働き方が多様化している現代ではフリーランスという形態は今後増えていくことが予想されています。会社員というのは安定していると思われますが、今後もそのままという保証はないので、会社員であっても市場全体を見ていくということが重要でしょう。...

  • 意外な真実・難しくない仕事

    • フリーランスのステップアップ

      フリーランスは自由に仕事を選べるのでステップアップがしやすいでしょう。市場を見て必要なスキルというのを考えて身に付けていくのですが、フリーランスはそれがしやすいということになります。...

    • フリーランスライターは落差の激しい仕事か

      フリーランスライターは、仕事が多い時期は多いし、少ない時期は全く仕事がないということもあります。企業であれば決められた時間だけ職場にいれば、一応は給料を受け取ることができます。...